利用案内

団体等の利用について

環境学習プログラムを行う場合は必ず、見学のみの場合についてもご予約ください。
(ご予約がない場合、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承下さい。)

予約方法

ご利用の際には、書類をご記入の上、郵送またはFAX、利用予約ファイルのE-mail添付にて、ひょうご環境体験館までお申し込みください。お申し込みは、希望日時の2週間前までにお願いいたします。利用につきましては、他団体・講師等の日程等がありますので調整をお願いすることがあります。
利用申込書類は以下よりダウンロードしてください。

利用申込フォームダウンロード

利用予約Word形式ダウンロード 利用予約PDF形式ダウンロード

1sign_of_institution.jpg 

学校団体利用の手引

環境学習プログラム

学校等の団体に対応した「科学・エネルギー実験」「エコ工作」「自然観察」などをテーマとしたプログラムを実施します。

※学年・年齢に合わせた、体験型環境学習プログラムの設定ができますので、内容についてはご相談下さい。

※一部材料費等、実費をご負担いただくプログラムもございます。

012_R.JPG 007_R.JPG 004_R.JPG 006_R.jpg 009_R.JPG IMG_9534-001_R.JPG

プログラム実施例

■<省エネ大作戦プログラム> 平成25年度改訂版
省エネ大作戦 ミッション1
「電気エネルギーを知ろう」
013_R.JPG
電気エネルギーについて、最新技術の紹介と、手回し発電機や手作り備長炭電池を通して電気エネルギーの知識を高め省エネや節電の意識をもつきっかけとする
2
省エネ大作戦 ミッション2
「山田家を救え」
個人住宅の部屋の中や冷蔵庫の中などを写真で見て、ワークショップ形式でみんなで意見を出し合って考えるプログラムです
3
省エネ大作戦 ミッション3
「エコハウス de エコライフ」
気軽に節電に取り組めるようにクイズ形式を取り入れ、楽しみながら学べる場とし省エネや節電について考えます
4
省エネ大作戦 ミッション4
「省エネファミリークッキング」
「旬」「地産地消」を通して、食に関するエネルギーについて考え、省エネクッキングをおこない、省エネを意識し保温熟成調理の方法を体験する。
5
省エネ大作戦 ミッション5
「コンセントの向こう側・電気くんの旅」
電気が発電所から家庭のコンセントまでどのようにたどりついているかを調べ、発電やエネルギーのあり方について考えるきっかけとする
6
幼児用・環境紙芝居
「たいせつに、たいせつに」
■主に4~5才児を対象として、身近にある水、ゴミ(資源)、電気を日頃から大切にしようとする心を育むきっかけづくりとする
■ <化学実験・エネルギー実験>
7
二酸化炭素について正しく知ろう
011_R.JPG
二酸化炭素の地球温暖化に与える影響について解説し、人間の吐く息と石灰水などと反応させ、二酸化炭素の性質を調べます
備長炭で電池をつくろう
014_R.JPG
備長炭とアルミ箔など身近なものを使って簡単な電池を作り、プロペラを回したりオルゴールを鳴らしたり電池の仕組みについてわかりやすく解説します
9
光とエネルギー
太陽光を利用したソーラークッカーで、原理とその活用事例も合わせて紹介します。天気が良ければソーラークッカーを使って、焼き芋の試食もできます
※試食希望の場合、さつまいもをご持参いただきます
■<暮らしの知恵・環境工作>
10
エコのタネを探そう
(ワークショップ)
身の回りの家電製品について消費電力やエネルギー効率などを調べ、地球温暖化防止策を考えます。
11
食をめぐる物語
(ワークショップ)
スーパーのチラシを使い、地球温暖化問題とのつながりから自分たちの食生活を振り返るきっかけを見つけます。
12
エコ工作
003_R.JPG
牛乳パック・ペットボトル等の廃棄物や、木ぎれや木の実などを使った工作を行います。
・牛乳パックを使った 紙トンボ、ブーメラン
・新聞紙を使った エコバッグ
・廃材を使った ペンダント、木工自由工作
・木の実を使った 自由工作
・葉っぱを使った 葉脈しおりづくり
■ <施設周辺の自然観察・身近な環境を考える> 
13
里山散策(動植物観察)005_R.JPG
身近な動植物について解説をまじえ、体験館周辺の自然散策路を散策します
14
自然とふれあう
ネイチャーゲーム
IMG_2328-001_R.JPG
体験館周辺の豊かな自然を活用し、遊びの要素を取り入れた自然体験です。
 
15
エコバッグの草木染め
DSCN2177-001_R.JPG
輪ゴムなどで絞り柄をつくり、草木を煮だした染料に入れて色を付けます。
※材料費:一人200円程度(A3サイズ布バッグの場合)
16
皆田和紙保存会(佐用町)による
和紙を使った工作
手作り和紙を使ったオリジナルうちわづくり(マーブル染め)やオリジナル下敷きづくり等、和紙を利用した工作をします。
※材料費:一人500円(各工作共) 別途:講師謝金
17
森川海の役割
水の循環と自然の働きについて解説します
■<地球温暖化問題・気候変動に関する取り組み>
18
気候変動に関する最新情報
IPCC AR5(気候変動に関する政府間パネル第5次報告書)に基づいた最新情報を映像をまじえ紹介

申し込み先

〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目330-3

電話:0791-58-2065

FAX:0791-58-2069

E-mail:taikenkan@eco-hyogo.jp

 (利用予約ファイルをダウンロード記入後、ファイルを添付して送信してください。)

 

シアター(視聴覚室兼研修室)の利用について

ひょうご環境体験館では、環境問題をテーマとした講演会や研修会、環境保全等に関する活動を行う場合など、体験館の業務に支障のない範囲でシアターの専用利用が可能です。

使用料金表

定員

午前

10~12時

午後

13~17時

終日

10~17時

主な設備
120名 2,200円 4,400円 7,700円

プロジェクター、スクリーン、アンプ

CD,MD,DVDプレーヤー

申込み方法について

電話、FAX、またはEメールでお申し込み下さい。

ご予約は、ご利用予定日の1ヶ月前の属する月の1日から承っております。

(※例 11月16日ご利用予定の場合、10月1日から申し込み可能)

その他の事項については、お電話にてお問い合わせください。

申込先

〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-330-3

電話:0791-58-2065

FAX:0791-58-2069

E-mail :taikenkan@eco-hyogo.jp

利用のルール

以下に示す内容をご理解いただいた上で、ひょうご環境体験館をご利用下さい。
守っていただけない場合は、利用停止などの処置をとる場合もあります。

ひょうご環境体験館での禁止事項

  • ひょうご環境体験館の設置目的に違反する行為
  • 商業の宣伝や営業などを主な目的とする行為
  • 公の秩序や善良な風俗を乱す行為
  • 利用の権利を譲渡または転貸する行為
  • その他、ひょうご環境体験館の管理上支障があると認められる行為

ひょうご環境体験館 利用上の注意事項

  • 建物や設備、物品を破損したり紛失したりした場合は、その損害を賠償していただくことがあります。
  • 機械、設備等を持ち込んで使用する場合は、事前にご連絡ください。
  • 許可なく掲示物を建物や館内の壁に貼ることはできません。
  • ごみは各自でお持ち帰りください。
  • 施設の備品を移動した場合は、利用後に必ず元の位置に戻してください。
  • 施設点検時等、ご利用になれない場合があります。ご了承ください。
  • 大型バスを含めて、駐車場をご利用いただけます。
  • 車椅子、多目的トイレをご用意しております。受付までお問い合わせください。
  • 全館禁煙になっています。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ