ひょうごエコタウン推進会議

    兵庫県・広東省等環境ビジネス交流会議

    ひょうごエコプラザ

    ひょうご環境体験館

    兵庫県環境研究センター

    兵庫県知事選挙 夏だ。選挙だ。7月2日(日)

    太陽光発電事業(エコひょうご尼崎発電所)

     

     エコひょうご尼崎発電所は、「環境モデル都市」としてCO2削減をはじめ様々な取組が積極的に展開されている尼崎市内に、そして、自然と人が共生する環境共生型のまちづくりをめざす「尼崎21世紀の森構想」の進む湾岸エリアにあります。
     当発電所は、発電所規模9,863kW、予定年間発電電力量1,100万kWhの施設となっています。一般家庭約3,000世帯分(注1)の消費電力量をまかなえ、年間約5,600トン(注2)のCO2削減効果があります。
     本事業は、管理型処分場の跡地の有効利用を図るモデル事業としての取り組みでもあります。ひょうご環境創造協会は、地球温暖化防止をはじめ、廃棄物の最終処分事業、環境調査等に取り組んでおり、この太陽光発電所はこれらの総合力が発揮されて形になったものと考えています。

     (注1)関西電力の従量電灯Aの平均的なモデルの使用量(300kWh/月)を
         用いて算定(関西電力株式会社HPより)
     (注2)関西電力の平成25年度CO2排出係数(0.516kg-CO2/kWh)を用いて算定
        (関西電力株式会社HPより) 

    仕様

    面  積  約15.1ha 

    発電所規模

    モジュール出力9,863kW(245W×40,260枚)
    PCS出力8,000kW(500kW×16台)

     構  成 3列×5段×2,684組 
    パネル角度 10度
     運転開始 平成26年12月1日 

    事業目的

     本事業は、管理型処分場の跡地の有効利用を図るモデル事業としての取り組みです。 再生可能エネルギー固定価格買取制度を活用し、尼崎沖フェニックス事業用地管理型区画において、兵庫県から土地を借り受けて実施します。 再生可能エネルギーの創出に貢献するとともに、生じた利益は公益事業等に活用します。

    エコひょうご尼崎発電所パンフレット(PDF:2.13MB)

    mega-solar.jpg

    「エコひょうご尼崎発電所」航空写真

    問い合せ先

      (公財)ひょうご環境創造協会 資源循環部
      〒650-0023 神戸市中央区栄町通4-2-18
      TEL 078-360-1308 FAX 078-360-1338
     

    このページの先頭へ