廃家電回収運搬実績

1. 廃家電回収システム

家電リサイクル法の施行に伴い、兵庫県電機商業組合の委託を受けて、平成13年4月から廃家電回収運搬システム(兵庫方式)の運営管理を行っています。
廃家電のリサイクルを円滑に進めていくためには、消費者の理解と協力を得ることが最も重要であるという認識の下、
(1)消費者にわかりやすい引取ルートを構築する。
(2)廃家電を広域的に回収することにより、消費者の負担する回収・運搬費用の軽減化を図る。
の二つの原則を柱に運用をしています。

2. 廃家電回収量の推移

兵庫方式による回収量は、システムが開始された13年度の35千台から平成16年度までは徐々に増加した後、平成17年度以降平成20年度までは減少傾向を辿りました。平成21年度以降は「家電エコポイント制度」の導入と「テレビの地上デジタル化」に伴って買い換えが進んだため、再び増大に転じ、2年連続して過去最高を更新し、平成22年度の回収量は、50千台超となりました。しかし、平成23年度以降はその反動もあって回収量は大幅に減少し、平成24年度と平成25年度は約13千台まで落ち込んでいます。
回収量の推移は次のグラフのとおりです。

 H13-H25.jpg

兵庫県の廃家電回収状況

廃家電回収運搬システム「兵庫方式」.pdf

このページの先頭へ